手芸 染色

しなびた紫キャベツで羊毛を染めてみる(ミョウバン先媒染)

投稿日:2019年1月5日 更新日:

紫キャベツ

昨日ビーツで羊毛を染めてみてかなり楽しかったので、今日も家にある素材を染料にして羊毛を染めてみます。

本日使うのは、紫キャベツ!これはクリスマス料理のサラダに使うために買ったのですが、表面の3~4枚を使ったまま年末年始を経過してしまい、ちょっと鮮度を落としてしまったのですよね。

普通のキャベツなら多少しなびても煮たり炒めたりして食べますが、紫キャベツの場合は使いにくいので、いっそのこと染料として使います。

 

前回は染料に浸した後に媒染する「後媒染」を用いましたが、今回は染める前に媒染する「先媒染」でやってみます。

媒染剤は昨日と同じく焼ミョウバンです。

広告

紫キャベツで白い羊毛を染める

紫キャベツのアントシアニン色素は、酸と一緒になることで鮮やかに発色します。

梅酢に紫蘇が触れると鮮やかになったり、紫キャベツの酢漬けが鮮やかになったりする原理ですね。

今回は大掃除で残った非食用クエン酸とキャベツを一緒に煮てみます。

クエン酸

使用した材料は、白のシェットランド羊毛70gに対して紫キャベツ300g、クエン酸25gに水を2.5リットル。先媒染用のミョウバンは3gを水1.5リットルくらいに溶いて使用しました。

  1. 鍋に焼きミョウバンを入れ、1.5リットルのぬるま湯で溶き、ぬるま湯で湿らせた羊毛をしっかり浸す。
    先媒染
  2. このまま弱火で火にかけ、沸騰後30分くらい加熱し、そのまま冷ます。冷めた後も3時間くらい置く。(染色用の鍋が一つしかないので、粗熱がとれたら洗面器に移しています)
  3. 羊毛を媒染している間、紫キャベツをざく切りにし、水1リットルとクエン酸を加えて弱火で30分ほど煮出す。
    煮出し

    くたくた
    クエン酸の力で赤みがかっています。キャベツはトロトロになってしまいました。
  4. キャベツを全てこし取り、染液に水1.5リットルを加えて30~40℃くらいにする。ここに媒染を終えた羊毛を絞って入れる。
    羊毛を入れる
  5. 弱火にかけ、沸騰したら30分ほど煮て、染液に染めたまま冷ます。
    染める
  6. 完全に冷めてから4時間くらい経過しました。羊毛を持ち上げて色を確認すると、淡いピンク色。ちゃんと染まっているのかしら……。
    ピンク
  7. 本当は一晩置くのが理想のようですが、4時間経過の時点でもう引き上げてしまいます。せっかち……。
    ぬるま湯で赤い汁がしみ出さなくなるまで洗い、軽く絞って干して完成。
    洗う

干しあがったものは、こんな色になりました。
ピンク

真っ白ではない、淡いピンク色に染まりました。ビーツよりは素材に近い色味になりましたが、思ったよりも薄くできてしまった。

もっと長時間染液に漬け込んでおいたり、二度染め三度染めすれば濃い色にできたかもしれない。

一緒に入れるクエン酸の量も関係しているかも?

 

そしてやっぱり酒石英を使わないことにより、白かった状態の羊毛よりもごわついた仕上がりになってしまいました。

こちらもそのうち紡いで毛糸にする予定です。が、このごわつきなら羊毛フェルトとかにした方がいいかもしれない。

家中がキャベツ臭くなりました

お腹におさめるのとは違う形ですが、しなびた紫キャベツが無駄にならなくて良かったです。

しかし、キャベツを始めとするアブラナ科の野菜は、煮すぎると臭みが出やすいんですよ。

だから、今家中がキャベツ臭いです。(羊毛には残りませんでした)

 

ウコンも紅茶もコーヒーの出がらしもあるのでまた羊毛を染めてみたいのですが、既に白い羊毛が切れかけています。

編み物用にストックしているメリノ白はあるのですが、勿体なくて使えない……。いや、シェットランドも安いものではないんですけど。

そのうち安めの白羊毛を買い足せたら、また染色をやりたいと思います。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-手芸, 染色

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

12

籐でつくる小物とバッグ10~12号 鉢カバー(3)

籐でつくる小物とバッグ10~12号の鉢カバーを作った記録。 この日は最後の12号に着手。最終仕上げまでこなしていきます。   11号までの段階で、見本とは違う末広がりフォルムになるという失敗 …

籐でつくる小物とバッグ 第5~6号「フレンチバスケット」を作りました【前編】

デアゴスティーニ「籐でつくる小物とバッグ」も早や5号、6号まで進みました。 今回は「フレンチバスケット」、画像のようにギフトの入れ物にしたり、花や小物を入れてインテリアにしたりできる実用品です。 前回 …

毛糸

色々混ぜて手紡ぎしたらどんな色になるのか(3)

相変わらず染色羊毛を混ぜて手紡ぎしています。 これは、何を何グラム混ぜてこの色を作ったのかを記録しておく目的の記事です。 手紡ぎということで一度に大量に生産することができず、小物でも毛糸が足りなくなっ …

7~9号

籐でつくる小物とバッグ7~9号 蓋つき小物入れ(1)

前回の「籐でつくる小物とバッグ」記事から1年近く空いてしまいました。 このあたりはずっと編み物ばかりしていたのですが、暑さのせいで涼し気な手芸をしたくなり、やっと再開したのです。 今回は7~9号の3号 …

アップ

手紡ぎ毛糸でフェアアイルクッションカバーを編む(1)

先日野菜染めした羊毛を紡いで毛糸にしたのですが、これが結構硬くて、お肌に直接触れるものには向かない様子。 でも、せっかく作ったのだから何かに使いたい。 ファッション小物ではないけれど日常的に使えるもの …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031