スパイスとかカレーとか 料理とレシピ

どんなものでも南仏の香りに!エルブドプロバンスを作って料理する

投稿日:2019年1月25日 更新日:

ハーブ

フランス料理の本を読んでいて、よく出てくるのが「エルブドプロバンス」という調味料。

「エルブ」はフランス語でハーブ、「プロバンス」はフランス南の地方のこと。

つまり、ざっくり言うと南仏風ハーブミックスのことなのですが、これが結構香り高くて、魚のソテーやスープ、ラタトゥイユなどが本格的になるので好きなんです。

いつもは小袋に入ったような市販品を利用していましたが、せっかくドライハーブがたくさんあるので、自作してみようかと思います。

広告

混ぜて粉にするだけ!エルブドプロバンス

エルブドプロバンスには、あれを入れなければいけないという決まりはないそうです。

が、色々なレシピを見るとよく入っているものが、タイム、ローズマリー、フェンネル、バジルなど。これにローリエとかマジョラムとかセージとか、場合によってはラベンダーなんかも入れたりするらしい。

配合も販売店やご家庭それぞれ違い、個人の好みや手加減で変わってくるものだとか。七味みたいなものかな?

これらのハーブを、大きなものを細かくするだけでざっくり混ぜたものもあれば、完全にパウダー状にしたものもあります。

 

今回は、定番とされているタイム、ローズマリー、フェンネル、バジル、ローリエ、そしてなかなか出番がないマジョラムを入れて作ってみます。

はかる

ちゃんと小数点以下が表示される秤で計量します。

 

分量は、タイム1g、ローズマリー2g、フェンネル2g、バジル1.5g、セージ0.5g、マジョラム1g、ローリエ1枚でいってみましょう。

はかった

タイムは香りが強いので少なめに。ローズマリー、フェンネルはベースとなる香りらしいので多めに入れます。

バジルとマジョラムは在庫の関係です……。

 

元々粉のものもありますが、フェンネル、ローズマリー、ローリエはホールのままなので、薬研で細かくします。バジルとマジョラムもついでに入れる。

挽く

いつものことながら、ドライハーブはもろいためすぐに粉末になる。

完成

粉になったらタイムも混ぜ、完成。

香りが強い……!!家中南フランスの香り(大げさ)。

仕上げに振りかけるのではなく、加熱調理前に加える

エルブドプロバンスは、肉、魚、野菜料理、調理方法も焼き、揚げ、煮込みなどオールマイティーに使用されますが、仕上げに振りかけたりすることはほとんど無いそうです。

今回は、先日作ったハムと野菜のスープ煮に加えてみます。ハムにちょっと臭みが残ってしまったため、それを消す目的もあります。

煮る

煮込む前に、とりあえず小さじ1くらい加えてみる。→アク取りしてたら結構減ったので、もう小さじ0.5追加。

煮汁の沸騰と共に香りが広がって、料理屋さんのような雰囲気に。

 

具はかぶとハムと白菜、塩こしょうと潰しにんにく。臭みがある食材には、にんにくは絶対入れた方が美味しい……。

完成

塩加減はいつも通りなのですが、エルブドプロバンスを加えたおかげでなんだかプロっぽい味に。

ハムの臭みは気にならなくなり、野菜の味もあっさりしすぎず深みが出ました。

いつもはホールで入れるようなハーブを粉にして入れているせいか、煮汁は澄んだ感じではなくなります。

また、ハーブの苦みを少し感じます。でも、それがいいアクセントになっているとも思います。

 

とても美味しい。物足りなさは感じませんが、きっともっと自分好みのブレンドもあると思う。

多分早めに使い切った方が良いであろう

ドライの状態でこれだけ香りがぷんぷんしているのですから、きっと風味が落ちるのも早いと思います。

なので、すぐに使い切った方が良さそう。

この季節なのでラタトゥイユは難しいですが、鱈や鶏肉のソテー、パスタなどに加えたりしてどんどん使っていこうと思います。

↑後日鱈のムニエルにかなり多めに振りかけたら当然美味しくなった!

一回の使用量が結構多いので、すぐ使い切れそうです。

カレーやシチューにも合いそう。←後日かぼちゃポタージュの具材の煮込みに足したら、すごく美味しくなった!

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-スパイスとかカレーとか, 料理とレシピ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

味噌ラーメンのタレの作り方・我が家編

札幌ラーメンと言えば味噌ラーメン! うちではラーメンを作る時は8割がた味噌ラーメンです。 市販のスープの素も美味しいですが、ちょっとの手間で美味しいタレを自作することができるんですよ。 そんな味噌ラー …

材料

低温調理器でビーフシチューはできるのだろうか

よく行くスーパーで牛すね肉が安売りしてきたので、ビーフシチューにするべく買ってまいりました。 せっかくだから新アイテム、低温調理器を使ってみよう……と思い、色々とやってみた結果をここに記します。 広告 …

シフォン

粉ふるい不要!製菓用米粉で焼くシフォン(ユニファームの有精卵使用)

北海道胆振東部地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い再建をお祈りします。   さて、今日はシフォンケーキ。米粉で作ります。 少し前に米粉パンのレシピをお伝えし …

何もしたくないときの料理part3!手羽元煮の手抜きレシピ献立

夏になるとよく作るのが手羽元のお酢煮。さっぱりしていてご飯が進む、まさに夏向けの味ですよね。 これ、簡単な調味料の配合だけでできてしまうのです。 しかも包丁は使わない、このシリーズに打ってつけの料理で …

白にんじん

旦那の実家で白い人参を発掘した&食べてみた

先日、旦那の実家の畑を手伝いに行ったときのこと。 昨秋に収穫を忘れたのか、それともこぼれ種が雪の下で生きていたのかわかりませんが、人参が数本生えていました。 そのほとんどはよくある赤い人参。 ですが、 …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031