作り置きと保存食 料理とレシピ

金時豆の甘煮を作ろう!冷凍しておかずにおやつに大活躍

投稿日:2019年2月6日 更新日:

まめ

以前、弟の嫁さん(東京出身)が「北海道は豆が安い!」と言っていたことがあります。

東京でどれくらいの値段で売られているか知りませんが、確かに豆はスーパーでも道の駅でも農産物直売所でも、一年中豊富に取り扱われています。

そう、北海道は全国一の豆どころ。大豆はもちろん、小豆、いんげん系の豆の生産量が群を抜いて高いのです。

 

ということで、今回は北海道産の金時豆を使って煮豆を作ろうと思います。

広告

弁当に入れたりパンに入れたり 金時豆の甘煮

煮豆と言えば砂糖のほかに醤油を入れるものもありますが、今回はパンに入れる前提で作るので、砂糖と塩だけで味付けします。

塩を醤油に変えると、ご飯に合う和風味の煮豆になりますよ。

砂糖、塩の量は目安です。甘さ控えめなら砂糖を減らし、甘じょっぱくおかず向きにしたいなら塩をもう少し増やしてもいいと思います。

材料 作りやすい分量

材料

金時豆 250g
上白糖 150g
塩 小さじ1/2

作り方

  1. 金時豆をざっと洗って、新しい水5~6カップに一晩(6~12時間)浸して戻す。
    戻す
  2. 戻った豆。今回は朝浸して夜煮ます。
    まめ
  3. 戻し汁ごと火にかけ、最初は中火、沸騰したらごく弱火にして柔らかくなるまで煮る。目安1時間。水が蒸発したら足し水して、常に豆が水にかぶる状態を保つ。沸騰させ続けると豆が破れて煮崩れるので、ごく弱火をキープします。(柔らかくなった時点で、砂糖を入れずに引き上げれば、ポークビーンズや豆カレーに使えます。)
    煮崩れ
    今回は煮すぎたのかちょっと煮崩れが出てしまいました。
  4. 柔らかくなったらゆで汁を全て捨て、新しい水をかぶるくらい入れ、砂糖の1/3を加えて30分煮る。
    水を替える
  5. 残りの砂糖の1/3を加えて30分煮て、さらに残りの砂糖を塩を入れ、好みの加減まで煮詰めてできあがり。煮上り

割れていますが、砂糖を入れて水分が飛ぶまで煮ると身がしっかりします。

鍋底に少し汁が残るくらいならおかず向き。今回はパンに入れるので煮汁がほとんどなくなるまで煮ます。

冷めたら冷蔵庫で一週間くらいもちます。冷凍だと2か月くらいは大丈夫でした。

できた煮豆の使い方は

そのままおかずとして食べるのが定番ですが、パンに混ぜ込んで豆パンにもできます。

また、和菓子の材料、蒸しパン、ケーキに入れても美味しい。

 

シリコンカップに小分けして冷凍しておけば、保冷材代わりにもなるお弁当のおかずになります。

 

意外なところで、煮汁ごとヨーグルトに入れて食べても意外と合いますよ!

レーズンやプルーンを入れる感覚で食べられます。

この煮豆は後日豆パンになる予定

今回作った甘煮は、そのまま食べるだけではなく汁を切って食パンに混ぜ込み、北海道のソウルフード「豆パン」を作る予定でおります。

普段通りのパン生地よりも、ちょっとリッチな配合で作ります。

こちらの作り方は後日公開!

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-作り置きと保存食, 料理とレシピ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

断面

美味しい卵があるから、クリームパンを作ろうか

先日買ったはるか農園の卵が3個ほど残っています。 賞味期限が近いので火を通した方がいいかと思い、カスタードクリームを炊いてみました。 結構堅めに仕上がったので、それをパンに詰めてクリームパンを作ります …

飲む

味噌作りで余った米麹で甘酒を作ってみる【サーモスのスープジャー使用】

自作の米麹は完成重量が1.85kg。 味噌作りには1.5kg使用したので、350g余っていることになります。 この余りを使って甘酒と塩麴を作ることにしました。 塩麴はいつも市販の麹で作っているのですが …

米をお湯に投入

ジャスミンライスを鍋炊きしよう!カレーやエスニック料理にいかが?

以前、アメ横センタービル地下でジャスミンライスを買って来たお話をしました。 乾物ということで安心してしまい、2カ月経過した今まで食べずに放置してしまっていたんですよね……。 やっと先日、そのお米を炊い …

冷奴バリエーション6連発!便利な1人分のカロリー付き!

夏になると簡単、楽ちんで出番が多くなる冷奴。お豆腐は安くて栄養があって喉越しが良くて、ダイエット中の人にも高齢者にも好まれるおかずです。 ちょっと小鉢が一つ欲しいなという時に役立つ冷奴ですが、味付けが …

グラノーラ

家にある材料で食べやすさ重視の普段着グラノーラを作る

以前、かぼちゃと小豆を入れた「冬至グラノーラ」のレシピをご紹介しましたが、それもとっくの昔に食べきってしまったので、新たに作ることにしました。 買うと高いものですが、作るとそれほどお金をかけずにできる …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031