作り置きと保存食 料理とレシピ

甘くて美しくて大人の味「キャンディス」を作っています!

投稿日:2017年12月7日 更新日:

「キャンディス」ってご存知でしょうか!

ざっくり言うと、ドイツの氷砂糖のシロップ又は洋酒漬けです。

カルディコーヒーファームなどの輸入食材店で最近見かけますよね。

これ、買うと高いので自分で作れないか……と思っていたところ、どうやら簡単にできるらしい。

たまたま、前回の東坡肉風角煮に使用した氷砂糖が余っていたので、作ってみることにしました。

広告

キャンディスとは

透明な氷砂糖がシロップに浸かって、透明な瓶に入っている美しいキャンディス。

ジャムなのか、スイーツなのかジャンルはよくわかりませんが、飲み物に入れたり、アイスやヨーグルトにかけたりして食べるのが一般的な使い方です。

 

今、身近で手に入るキャンディスにはたくさんの種類があり、洋ナシとベルガモットの風味が付いたアールグレイキャンディスや、

 

他にも紅茶風味のチャイキャンディス、レモンやオレンジのキャンディスなどがあります。

 

このようにたくさん種類がありますが、今回は家にある材料で「ラムキャンディス」を作ります。

ラムと言ってもラム肉ではありません……、北海道ではラム肉の方が認知度が高いですがね!

ラムキャンディスを作る!

キャンディス材料

材料はこれだけ。氷砂糖、ラム酒。道具は小瓶だけです。

この小瓶はナチュラルキッチンで108円で買えました。かわいいでしょ?

でも、密閉性が今一つで、激しく振ったりすると液がこぼれたりする……。少量だからいいか。

 

さて作ります。

瓶と氷砂糖

小瓶に入るだけ氷砂糖を詰めます。用意した氷砂糖は100gありましたが、全て入りました。

キャンディス作り途中

ここに、なみなみとラム酒を注ぎます。50mlは入ったかな~。

これで完了!小瓶の蓋を閉め、一週間ほど放置します。

キャンディス1日目

このまま置いておくと氷砂糖がラム酒に溶け、小さくなっていきます。

そうなったら新たな氷砂糖を足してできあがり!となります。

家にある氷砂糖を全て使ったので、結局買い足すことになってしまうとは……。本末転倒。

 

一日後、これくらい氷砂糖が溶けました。

ラムキャンディス2日目

液体部分を舐めてみると、それほど甘いとは感じず。

まだまだ溶ける余地がありそうです。

 

二日後。

氷砂糖が小さくなり、液体部分がかなり多くなったように見えます。

キャンディス二日目

これくらいになったら氷砂糖を足しても良いのでは……と思ったので、追加。

氷砂糖の在庫が無かったので、買い足ししました。(氷砂糖消費のために始めたのに、本末転倒!)

しかも二袋。150gで108円です。

これを瓶に足していくのですが、水位が高すぎて、これ以上氷砂糖を入れたら溢れそう。

ということでスプーン2~3杯ほど抜きます(抜いた部分はホットミルクに入れて飲みました)。

ラム酒をすくう

かなり水位が下がったところで氷砂糖をいくつか入れます。

氷砂糖後を入れる

ギリギリ蓋が閉まるところまで入ったら、蓋をしてさらに数日保管します。

キャンディス氷砂糖追加後

 

さらにその翌日。通算して3日目。

前日入れた氷砂糖も少し角が取れてきています。ただ、融解する速度は遅くなっています。飽和状態が近い?

 

この時点ではまだ使用してはいません。なんせ作った量が少ないので、出来上がる前に食べてしまうのは勿体なくて……。

ということで、もう数日放置します。

ラムキャンディスはどう使う?

出来上がったラムキャンディスは、ホットミルクに入れてお休み前の一杯にしようかな、と思っています。

お酒が飲めない体質ですが、風味だけほんのちょっと欲しい時があるんです。

牛乳にラムの香り、合いますよね。

 

これからも毎日氷砂糖が溶けていく様子を観察して、追記したいと思います。

 

→1月追記

もう溶けない、というところまで来たようなので、ここで飲んでみます。

画像が無いのですが、氷砂糖2~3粒くらいと汁小さじ1杯くらいをマグカップ1杯分のホットミルクに溶かして飲みます。

甘く、ふわっと洋酒が香る大人のホットミルクになりました。

ただ、たったこれだけのアルコールでも私は頭が働かなくなってしまうので、飲むタイミングは考えた方が良さそう……。寝る前とか。

お酒に弱い人向けのものではないと考えるべきかも。

 

では、今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-作り置きと保存食, 料理とレシピ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

かぼちゃと小豆

今年の冬至はあんこから煮てみない?粒あんを煮てかぼちゃ団子にかける

本日は冬至。一年で夜が最も長くなる日です。 この日は風邪や中気を予防するためにかぼちゃと小豆を食べる風習がありますが、一般的に食べられているかぼちゃ汁粉やいとこ煮はもう飽きた……。 昨年はドライかぼち …

ペーパーあり

焼きいもをキッチンペーパーあり・なしの二通りで焼いてみた

お手ごろサイズの安納芋がお手ごろ価格で売られていたので、焼きいもを作りました。 自宅で焼きいもを焼く方法は色々ありますが、どれが一番美味しく焼けるのでしょうか? そんなことが気になり、2通りの方法で焼 …

調理後

ふわトロ食感!低温調理器「Felio」で鶏レバーのコンフィ&低温煮付けを作る

高温で一気に加熱すると固くモソモソになってしまうレバーも、低温調理器を使用すればふわトロ食感を保ったまま中まで火が通せるそうです。 先日、新鮮そうな鶏レバーを入手したので、こちらを使って洋風のコンフィ …

ミートオムライス

子供も大好き!給食風の栄養満点ミートソースを作る

ミートソースと言えば、トマトと挽肉で作る酸味のあるものが一般的。 実は私、子供の頃はそんなミートソースが苦手で……。 大人になってからは平気になりましたが、特別好きというわけでもなく。 それからしばら …

no image

低温調理器「Felio」で自家製ソーセージをボイルしてみる

低温調理器を買ったら、絶対一度はやってみようと思っていたものがあります。 それは、自家製ソーセージのボイル作業。 これ、お湯の温度を75~80℃にキープしなければいけなくて、結構大変なんです。 今まで …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031