今年は道路族(路上ドッヂボール勢)にささやかに抵抗してみました

スポンサーリンク
住宅 未分類
画像はイメージです
スポンサーリンク

今日はたまに愚痴を書かせて頂いている道路族のお話です。

当然明るい話ではないので、お好みでない方はスルーされることをおすすめします……。

 

ここ数年私を悩ます道路族ですが、今年もやはり苦しかった。

年末ということで、今年あった道路族との闘いを聞いていただきたい。

もう季節的には外遊びが少なくなる頃合いですが、今日は少し前にあった道路族関連の話を書かせて下さい。

 

今回のネタは道路遊びでも一番迷惑だと言われている「ボール遊び」。

しかもドリブルやリフティング程度の軽いものではなく、大人数集めて、本気のドッヂボールをやる人が近隣に住んでいます。

今回は、その方々に対して直接文句を言ってみた話です。

スポンサーリンク

路上でのボール遊びとその対策

※これは実は数か月前(初秋)のお話で、身バレを防ぐために少し間を空けて載せています。

 

身バレするので詳しいことは書けませんが、私を苦しめる道路族は一世帯ではありません。

top

画像はイメージです

こんな感じのオープン外構の新興住宅街に住んでいて、車も家屋も剥き出し状態の世帯の集まりになっています。

 

うちの近くに中心となって人を集めるご家庭があって、数年前はそのおうちに集まる近所の親子も含め集団になって大騒ぎするのが主でした。

今はその子らが大きくなり、親抜きで友達を集めて、子どもだけで集団遊びすることも多くなってきています。

それが続いたあるときに、我慢の限界が来てしまったのでした。

子どもだけのボール遊び→一度学校に通報

うちの近辺で一番被害が大きいのが、子どもだけで道路でボール遊びをすることです。しかもドッヂボールが一番ひどい。

主となって遊ぶのが小学校高学年くらいの男子で、これくらいの年齢になると球圧が強く、音や声がうるさいだけではなく、誰かがよけた球がうちの壁にぶつかると大変な衝撃が与えられて迷惑するのです。

さすがにこれは通報してもいいだろうと、路上ドッヂボールが3~4日続いたところで地域の小学校に電話しました。

電話を取った先生に尋ねると、ここらの学区は、ドッヂボールに限らず道路でのボール遊びは全面禁止と指導しているそうです。

でもそのルールは全然守られていないので、改めて児童だけでなく保護者にも周知を徹底して頂くようにお願いしました。

結果、通報後は道路でのボール遊びの頻度は減りました(皆無ではない)。でも、子どもですから、誰かがルールを破って始めてしまうと、他の子も一緒になって参加しちゃうんですよね。

しかしまあ、頻度が減っただけでも学校に感謝しなければいけません。

これが、今年の夏ごろの話。

大人も一緒のドッヂボール→家に強くぶつけられたタイミングで直接注意

夏以降、ボール遊びの頻度が減って少しは安心かと思っていたら、休みの日などは親が率先してドッヂボールするんです。わざわざ車道にチョークで線を引いてコートを作って。

大人が許可すれば、子どもたちは全力で、近隣の住宅を無視する勢いで遊ぶに決まっているじゃないですか。そしてボールがよその敷地に入っても大人が注意しないし、それを取りに子供たちが入ることも遠慮させない。

大人が一緒の遊びはいつ終わるかわからないし、うるさいし、何よりちょくちょくボールを取りに人が敷地に入り込んでいるのが気になる。

ある日、学校でもボール遊び禁止しているんだからこちらに正当性があると信じて、明らかに家にボールが当たったタイミングを狙って外に出て、参加している大人に注意しました。

「さっきからボールが壁や物に当たっているし、そもそも道路でドッヂボールすると敷地にボールが入るのでやめて下さい、お願いします」と一応下手に出たつもり。

するとすぐにやめましたが、反省している様子はなし。ヘラヘラしながら「じゃあやめま~す」みたいな感じ。いい大人がですよ。

大人が子供の前で怒られてバツが悪いのはわかるけど、その状況を招いたのは自分だとわかっているのだろうか。

 

それでも、言うこちらのストレスも大変なものだが、これでボール遊びだけでもやめてくれるなら無駄ではないかな……?と思っていたのですが。。。。

留守中やってる気配もある

直接注意の効果があったのか、しばらくは道路でのボール遊びを見ることはなくなりました。

しかし、うちが留守の時(車が2台とも無ければ留守とわかる)はボール遊びしているような気配があります。

証拠があるわけではないのですが、私が車で帰宅した時に道路にいた子供らがぱーっと歩道に散ったり(手にボール持ってるのも見える)、不自然に畑の作物が折れていることに後日気付いたりなどが目につくように……。

これは憶測ですが、留守ならボールを取りに遠慮なく敷地に入るでしょうから、不法侵入もされていると思っています。たまに不自然に外構の砂利が道路にまで散らばってるし……。

 

監視カメラなどは付けていないので証拠も無いし、留守中何をしているかは目を瞑っている状態というのが現状です。

被害妄想と言われて危険人物扱いされたら嫌ですしね。

おまけに注意した世帯との関係が気まずくなる

直接注意することで表面上は大人しくなったように見えますが、やっぱり注意したおうちの親御さんとの関係は気まずくなりました(こちらが勝手に思っているだけかも)。

自分ちの前に人を集めて遊ぶくらいですからとても外交的なご家族なのですが、ドッヂボールの一件以来、行き会っても挨拶されない(こちらからはします)ことが増えたような……。

しかし、元々親密な交流があったわけではないので、気まずくなってもなんら支障はない。うちは子供がいないということもあり、孤立しようが気にしないことにします。

直接的な嫌がらせがあるわけではないし、気まずくなるくらいは覚悟していたので良しとします。

いやぁでも陰でなんか言われているかもしれないですね。まあいいか。

在宅時にドッヂボールが無いだけでも良しとします

自分にできる範囲で戦った結果、私か夫が在宅なら、本格的なドッヂボールだけは控えるようになったと思います。

でも、子どもがたむろするような状況は相変わらずよく見られますし、今回私が注意したグループ以外の道路族もいるので、完全に静かな状態を得たわけではありません。

ブレボー、スケボー、鬼ごっこ、道路に落書きなどは通常通りですし、道路でのキャッチボール、サッカーのリフティングやドリブル練習は親も交えて当たり前のように行われています。

また、降雪する前の11月ごろまでは、車道に座り込む、寝転がる、腹ばいスケボーなどの危険行為もよく見られました。

これらは敷地外で行われていることなので私が直接注意する名目が無いし、でもうるさくて気になるし……と我慢し続けています。

 

とりあえず今、雪が積もってきて道路遊びもしにくい状態なので、来年の春くらいまでは安心かな……?

雪が降ったら降ったで、色々心配事はあるのですが……。

 

余談ですが、やっぱりオリンピックの影響でスケボーする子が増えましたよね。困ったなぁ。

スケボー

画像はイメージです

 

ということで今回はここまで。

ただの愚痴でしたが、最後までお読みくださった方がいらしたなら、ありがとうございます。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました